八戸女児切りつけで14歳少年逮捕。事件現場となった場所はどこ?犯行動機は?

Sponsored Link

青森県八戸市の路上で小学生の女児が首を切られて負傷した事件で、青森県警は12日、同市に住む中学生の少年(14)を殺人未遂容疑で逮捕した。県警によると、少年は容疑を認め、「殺すつもりだった」との趣旨の供述をしているという。

引用:Yahoo!ニュース

青森県八戸市の路上で少女の首を切りつけたとして、14歳の少年が殺人未遂容疑で逮捕されました。

犯行の動機ですが、

「人を殺してみたかった」

と供述しているようです。

今回、事件現場となった八戸市ですがどのような場所なのか調べてみました。

事件現場となった場所はどこ?

事件となった現場の銃ですが、「青森県八戸市大字新井田字常光田付近」との事です。

現場となった細かい場所までは分かりませんでしたが、ツイッターの情報によりますと、散歩コースとして定番の道だそうです。

人通りが少ない道路という訳でもありませんし、事件が起きた時間も17頃との事なので、目撃者が居てもおかしくないですよね。

そのような状況の中で、少女の首を切りつけるという行為に及んでいます。

少年は捕まるかも知れないという考えよりも、「人を殺してみたい」という欲求のままに動いていたのかも知れません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です