【体罰】東大寺学園で体罰をした教師の名前や顔は?学校概要についても

Sponsored Link

奈良市の東大寺学園中学・高校に勤務する40代前半の男性教諭が7月、北海道への修学旅行中に高校2年の生徒19人に体罰を加えていたことが13日、分かった。学校側は保護者会で謝罪し、この教諭を処分するとしている。生徒らにけがはなかった。

 森宏志校長によると、2年生約220人が富良野市内のホテルに泊まった際、この教諭は就寝時間を守らなかった生徒22人を呼び出し、問題があったとみた19人の頬を平手でたたいたり、すねを蹴ったりしたという。

 森校長は「教諭と生徒との距離が近く、認識の甘さがあった。暴言を含めて体罰は看過できるものではなく、厳しく対処する。今後、生徒が安心して通学できるよう体制を整えたい」と話した。

引用:産経ニュース

奈良市の東大寺学園中・高等学校に勤務する40代前半の男性教師が、高校2年の生徒19人に対して体罰を加えていた事が分かりました。

生徒らにケガはなかったようですが、学校側は保護者会で謝罪し、この教師を処分するとしています。

体罰の内容ですが、修学旅行先のホテルで就寝時間を守らなかった生徒22人を呼び出し、19人に対して平手打ち、すねを蹴るなどの暴行をしたようです。

体罰を加えた教師の名前や顔画像は?

現在、体罰を加えた教師について分かっている事は以下の通りです。

・性別:男性
・年齢:40代前半

名前や、顔画像については見つける事が出来ませんでした。

今後特定する事が出来ましたら、こちらに追記していきます。

東大寺学園中・高等学校ってどんな学校?

東大寺学園中・高等学校

東大寺学園中・高等学校の学校概要

学園が目指す事

1.基礎学力の重視
2.進取的気力の育成
3.豊かな人間性の形成

この三つの教育目標の中では「自由」ということばを用いてはいないが、個性や自主性、しなやかな感性を育む上で、「自由」という教育環境は不可欠であると考えている。したがって本学園では、不合理なもので生徒を縛りつけるようなことはない。一方的に生徒に従順さを強要することもない。生徒の「自由」を最大限尊重したいと考えている。そして、この良き伝統を、今後も大切に守っていきたいと考えている。生徒が「自由」を享受し、互いに切磋琢磨しながら自らの可能性を追求することを、切に願っている。

引用:東大寺学園中・高等学校の学校概要

学園として「生徒に対して従順さを強要しない」と言っていますが、就寝時間を守らないだけで教師が生徒に対して暴行をしているとは・・・。

生徒側にも問題はあるのかも知れませんが、叩いたり蹴る必要はないと思います。

最近は教師による体罰や暴行が多いですが、何故でしょう?

教師はストレスが溜まると聞きますが、暴力で解消するというのは止めて欲しいですね・・・。

ネットの反応は?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です