小室哲哉とKEIKOが離婚調停も、 KEIKOが復縁否定!?

Sponsored Link

※サムネ出典:NEWSポストセブン

あのカリスマ音楽プロデューサー・小室哲哉が、妻であるKEIKOと現在、離婚調停中と報道されています。

離婚にいたる背景と経緯はどうなのでしょうか?

そしてファンの反応や今後についてはどうなのでしょう。

離婚調停にいたる背景と経緯、そして現状は?

出典:Yahoo!ニュース

一部報道によれば、稀代のカリスマ音楽プロデューサー・小室哲哉(60)と、かつて彼を支えたシンガーの妻・KEIKO(47)が、ドロ沼の離婚調停に突入してるとのことです。

マスコミの直撃取材にも、現在大分県大分市に住むKEIKOは、復縁の可能性について「全然!ありません」ときっぱり否定しています。

二人の間にに亀裂が入った発端は、昨年1月に病に倒れたKEIKOの看病に追われていたはずの小室哲哉が、看護師と数年来にわたって不倫関係にあると一部週刊誌によって報じられたことです。

その後、二人の関係が冷え切り、その経緯を踏まえてKEIKOが昨年、“婚姻関係にあるのだから生活費を入れてほしい”と小室哲哉に頼むと、すぐに離婚を切り出されたことなどが原因として挙げられています。

その後二人は、お互いに連絡を取り合う際は弁護士を通じ、直接話すことはなくなったといいます。

そして、離婚調停へと進展したのが真相のようです。

離婚調停が進んでいない?その状況は?ファンの反応は

ここまで疎遠になってしまった二人。

すぐにでも離婚調停が進捗するものと思い勝ちですが、そうでもないようです。

その大きな理由は、小室哲哉の借金問題だという見方があります。

詳しい芸能関係者によれば、小室哲哉は、昔から派手な生活を送る一方で、金銭トラブルが絶えなかったようです。

一例を挙げれば、小室哲哉が過去に香港で立ち上げた音楽制作会社は、70億円以上の損失を被ったとされています。

また、2008年には、小室哲哉は音楽著作権の譲渡を巡る詐欺事件で、会社社長から5億円をだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕されています。

その他、これまでに様々に報道されてきたように、小室哲哉を巡る金銭トラブルは相当なものです。

こうした状況を受けて、ファンの反応をみると、一様にKEIKOを擁護しています。

・KEIKOさんお元気そう。離婚の話は別として、何か安心しました。

・KEIKOさんにはお金をかけないって、あまりにもセコくて問題だと思う。妻が闘病中に離婚を切り出すのは、男として最低という気がする。

・KEIKOさんは、これを機にこんな薄情な男と別れて第二の人生を頑張って欲しい。

・離婚に同意してるなら、あとは慰謝料と財産分与ですね。裁判になった方が良いね。

などなど・・・。

まとめ

・小室哲哉とKEIKOが離婚調停、しかし進展しない状況も

・KEIKOは復縁を完全否定

・小室哲哉の過去の状況から、世間はKEIKOを擁護

稀有の才能を誇った音楽プロデューサー・小室哲哉と、彼を支えたKEIKO。

今回の泥沼離婚調停の背景と現状、そして世間の反応をみると、過去の背景や経緯はともあれ、小室哲哉にはしっかりとした対応と、けじめを示して欲しいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です