【道志村・小倉美咲】無事保護?発見?報道時に注目すべき言葉とは?

Sponsored Link

山梨県道志村のキャンプ場で7歳女の子が行方不明になった事件ですが、25日も継続して捜索が行われます。

本日から自衛隊150人も捜索に加わり、警察・ボランティアなど総勢300人態勢での捜索となります。

もし小倉美咲ちゃんが発見された場合、ネット・テレビにて速報ニュースが流れると思いますが、報道時に流れる言葉に注目が必要です。

なぜならば、報道時の言葉で「どのような状態で発見されたのか?」が分かるからです。

行方不明者が発見された場合に使われる言葉って何?

行方不明の方が発見された場合は、報道時に以下の4つの言葉が使い分けられます。

・無事発見保護されました
・無事発見されました
・無事保護されました
・発見されました

これらは何を基準に使い分けられているのでしょうか?


無事発見保護されました

警察官が発見し、身柄を確保したパターンで、保護者の元に帰る。(未成年が多い)


無事発見されました

警察官が発見し、所在が判明したパターン。居所がわかって無事も確認できた。(成人はこっち)


無事保護されました

勝手に帰ってきたパターン 。


発見されました

無事じゃないけど見つかったパターン(生死不問 )


ヤフー知恵袋より引用

小倉美咲ちゃん発見時は、どのパターンの言葉が使われるのか注目

小倉美咲ちゃんが発見された場合、テレビ等で報道されると思いますが、アナウンサーがどの言葉を使用するか注目です。

「無事発見保護されました」という言葉出た場合は、ひとまず安心できますが、「発見されました」の場合は最悪の状況を考えなければなりません。

小倉美咲ちゃんが失踪してから25日で5日目となります。

わずか7歳の小学1年生という事もあり、生存確率もグッと下がってしまいます。

小倉美咲ちゃん捜索にスーパーボランティア尾畠春夫さんは参加するの?

個人的には
「どうしてもっと早く自衛隊を派遣しなかったの?」
という怒りのような悲しいような気持ちがあります。

とにかく全力で捜索を行っていただき、「無事発見保護されました」というニュース速報が流れる事を祈ります。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です