福島原発処理水はなぜ東京湾に放出しないのか?│どうして大阪湾に汚染水放出?

Sponsored Link

9月17日、日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は、東京電力福島第1原子力発電所で増え続ける有害放射性物質除去後の処理水に関し、大阪湾での海洋放出に応じる考えを示しました。

もちろん科学的に安全性が証明されれば大阪湾に放出するという事ですが、

なぜ大阪湾なのでしょうか?

科学的に安全性が証明されるのであれば、福島からそのまま放出すれば良いと思いますし、東京湾でも問題ないと思うのですが・・・。

なぜ福島原発処理水を東京湾ではなく、大阪湾に放出するのか?

松井市長は会見でこのような発言をしています。

松井市長
自然界レベルの基準を下回ったものは、科学的根拠を示して海洋放出すべき。政府が国民に丁寧に説明し、決断すべきだ。それが政治家の仕事。
これからの日本を引っ張る小泉さんに進めてもらいたい。メディアは汚染水という表現はやめた方がいい。あれは処理水」

また会見での発言の前提として、


福島原発の汚染処理水タンクは満杯になってきている


という状況が考えられます。

つまり、
福島原発の汚染処理水タンクが満杯になってきており、政治家としてこのような状況を国民にキチンと説明し、科学的根拠に基づき安全性が保障されるのであれば、海に放出するべきだ!
という事です。

これは大阪市長としての発言であり、責任を持って大阪湾で放出するというのは納得だと思います。

あくまで大阪市長としての発言から大阪湾で処理をするという話で、福島や東京湾から放出しても問題はないと思われます。

東京湾に流せない理由があるのではなく、
大阪市長としての発言だから大阪湾に放出する

という事だと思います。

福島原発処理水の大阪湾放出に対するツイッターの反応は?

最後に

ツイッターでも言われていますが、確かに科学的に環境に影響がないと証明されるのであれば、わざわざ大阪湾に流す必要はないと思います。
東京湾の方が近いですし・・・。

しかし原発処理水を海に流すという事は政治家として、とても発言しづらい事だと思います。(国民や世界から反感を買いそうだから)

ですが、松井大阪市長は福島原発処理水のタンクが満杯になってきている状況を考え、今回の発言に至ったのだと思います。

この発言を元に、国全体として原発処理水をどうするか?について検討する良いキッカケになったのではないでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です