半導体材料3品目とは一体何か?【韓国が日本提訴発表・輸出規制強化】

Sponsored Link

2019年9月16日、韓国が日本を提訴したと発表しました。

提訴した理由は「日本による半導体材料3品目の輸出規制強化措置が不当だ」という韓国の主張に基づいています。

今回は「そもそも半導体材料3品目とは何か?」について調べてみました。

半導体材料3品目とは一体何か?

今回、日本を提訴するキッカケとなった半導体3品目とは以下の3つです。

  1. レジスト(半導体やディスプレイの製造に必要な感光材 )
  2. フッ化水素 (エッチングガス)
  3. フッ化ポリイミド ( ディスプレイ用樹脂材料 )

これら3つの半導体3品目について、

「従来の簡略な手続きを改め、個別に輸出許可申請を求めて輸出審査を行なう方針に切り替える」

という内容が、今回の提訴に繋がっています。

それでは、これら3品目についてどのような物か見ていきましょう。

レジストって何?

レジストとは、主に工業用途で使用される、物理的、化学的処理に対する保護膜、及びその形成に使用される物質である。

諸般の製造過程で、サンドブラスト、イオン注入、エッチングなどの処理を施す際、被処理物表面の一部を樹脂などで保護し、処理をしたあとに保護膜を剥離することで、被処理物の所望の部分のみを処理することができる。この手法に使われる保護膜をレジストという。処理に耐える (resist) 事からこの名がついた。用途や塗り分け(パターニング)方法で幾種類かに分類される。

引用:wikipedia(レジスト)

また、レジストは、

他の物質での代替が非常に困難である為、重要な半導体物質の一つである

と言えるらしいです。

フッ化水素(エッチングガス)って何?

フッ化水素とは、水素とフッ素とからなる無機化合物で、分子式が HF と表される無色の気体または液体。
水溶液はフッ化水素酸と呼ばれ、フッ酸とも俗称される。
毒物及び劇物取締法の医薬用外毒物に指定されている。
99.99%以下の低純度製品は製造が容易だが、
99.999%以上のエッチングガスと呼ばれる超高純度のモノは、
2019年7月時点で日本企業のみが製造出来る。

引用:wikipedia(フッ化水素)

99.999%以上のエッチングガスと呼ばれる超高純度なフッ化水素については、現在、日本のみ製造が出来ます。

そのような超高純度なフッ化水素はエッチングガスと呼ばれ、

集積回路やディスプレイ製造過程における洗浄剤として使用されており、
非常に重要な材料と言えます。

フッ化ポリイミドって何?

スマホの画面やテレビ画面などにも使われている有機ELディスプレイなど意外と身近な物にもフッ化ポリイミドは使われています。
フッ化ポリイミドは、ポリイミド以上に航空宇宙分野やエレクトロニクス分野、光通信分野などで要求される特性をもつ優れた化学製品で、
世界生産量の約9割を日本が占めています 。

引用: フッ化ポリイミドの用途

フッ化ポリイミドは、私たちが普段使用しているスマホのディスプレイなどにも使用されています。

また、世界の生産量の約9割を日本が占めているのです。

今回のニュースを受けてネットでの反応

※Yahoo!ニュースコメント欄より抜粋しています。
Yahoo!ニュース:WTO、韓国の日本提訴を発表 半導体材料の輸出規制強化

輸出管理はしていても、規制なんてしてないのだけれど……
いや、いっそ、ほんとうに強力に規制してやればいいのに、とは正直なところ思うけれど。

提訴上等、望むところだと思う。自分たちのホワイト外しこそ不当な報復なのを棚にあげるのは問題がある。これを良いきっかけに取り返しのつかない断交に進むよう願う。頑張ってほしい。

正直、政治家ってあんまり信用もしてなかったし頼りにもしていなかった。
でも、今回は頑張って欲しい。
韓国相手はホントに疲れると思う。ニュース見るだけで、疲れてるから。
実際に対応している方々は、よく我慢してるなと思う。
だからこそ頑張って欲しい。
ギャフンと言わせて!!

いや、管理しかしてないし。その管理も韓国が出来ないから止むを得ず管理してるだけですよ。日本も手間がかかってるんです。
ほんとのとこ、規制しましょうよ。
その方がお互いスッキリしませんか。

不買運動すれば良いのに。余程欲しいんでしょうね。
必死すぎます(笑)

まとめ

半導体材料3品目について簡単に紹介させて頂きました。

普段聞きなじみのない物ばかりですが、

日本のみ製造出来る。
・日本が世界生産量の約9割を占めている。

など、日本の技術力の高さを再認識する事が出来ました。

この日本の技術力を守るためにも、従来の簡略的な手続きではなく、

しっかりと個別に輸出審査を行うという事は、日本の未来にとって大切であり、当然な処置だと思われます。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です