【サイバーハンター】使えないネタスキル│使っている人ガチで0人説

Sponsored Link
この記事はサイバーハンターのスキルの中でも、「使う人ガチで0人だろ!」と思われるネタスキルを紹介しています。

サイバーハンターの面白さの一つに多様なスキルにあります。

敵の攻撃を遮る壁を出したり、自分を敵から見えなくするステルス、さらにはバイクすら生成する事が出来ます。

そんな多様なスキルの中でも、今回は「こんなスキル使う人居ないだろ!」と思われる3つのスキルを紹介しようと思います!

(ネタ回です。実用性はありませんw)

姿を隠す代わりに敵も見えなくなる「低木」スキル

コスト:45

スキル効果:レイダーの身を隠す低木を作る

アンロックレベル:初期から使用可

「低木を生成して、身を隠してください!」というスキルですが、完全に隠れる事は出来ず、しかも木に隠れてスコープを覗くと・・・

葉っぱが邪魔で敵がまったく見えません。

おまけにスキルのコストが45です。(遮蔽壁はコスト30)

キューブの無駄遣いとはこの事です。

低木を立てても敵の攻撃は防げませんし・・・。

低木を入れるなら絶対に遮蔽壁を入れたほうが良いでしょう。以上!


低木スキルがダメなら自分が低木になってしまえ!「低木形態」スキル

コスト:45

スキル効果:低木型ロボットに変形し、しゃがんで周囲に溶け込む。

アンロックレベル:25

低木スキルがダメなら自分が低木になってしまえ!

もう見るからにネタスキル感が満載ですね・・・

このスキルも使っている人を見る事はありませんが、実は

「隠れているのに気付いていないだけ」

という可能性もあります。

なぜなら・・・

しゃがむと根本が隠れてどこに居るか分からないw

ぱっと見は分かりませんが、実は根本を良く見ると・・・

赤丸のように、木の根元に銀色のリングのようなものが出ています。

なので、じっくりと見られるとバレてしまうかも知れません。

しかし、森など低木がたくさんある場所であれば見つかりにくいと思います。

(当たり前ですが、スキルを使う瞬間を見られてしまったら・・・ただの的になるだけですw)

使い方としては、

①1対4など人数的に不利な場合に敵をやり過ごす。

②近づいて来た敵を「ショットガン」など近距離武器で倒す。

③終盤まで生き残った時に、自分は低木形態をして敵同士が倒し合うのを見守る。

うーん・・意外に使い道あるかも


仲間は俺が絶対に守る!「シールド形態」スキル

コスト:90

スキル効果:シールドロボットに変形し、しゃがんでメンバーを守るシールドを生成する。

アンロックレベル:27

このシールドめっちゃカッコいいw

スキルでシールド出せるんだ!?

・・・

いいえ、違います。自分がシールドになるんです(?

自分自身がシールドになるんです。

このスキルは自分自身がシールドになって、味方を守るスキルです。

自分のキャラクターの前にシールドが出る訳じゃありません!

コスト90も使って仲間の為に自分が盾になる。

MMORPGで言えばまさに壁役。

自分を犠牲にして仲間を守るなんて美しいですよね。

(遮蔽壁を30コストで出したほうがいいなんて言っちゃダメです。)


まとめ

いかがだったでしょうか?

一見ネタスキルに思えますが、使い道を考えるのも楽しいですよね。

敵からすれば、

「まさか低木形態なんて・・・」

「まさかシールド形態なんて・・・」

というように、これらのスキルを使われるなんて想像もしていない人も多いと思います。

遮蔽壁・監視塔・要塞など非常に強力なスキルではありますが、たまにはネタスキルで相手の意表を突くのも面白いのではないでしょうか?

是非、画面の向こう側のプレイヤーの驚いた顔を想像しながらサイバーハンターを楽しんでみましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です